2005年01月18日

オフ

・・・ちょっとした宣伝・・・
現在ライターとして活動を本格化させた猫屋です。
仕事の宣伝のためにサイトを名前を変えて再開させました。
コラムの連載などの報告をしています。
ちまちま更新していきますので
良かったら見に来てください。

桃饅頭



マリアンヌの方のオフと称して、八景島シーパラダイスに行く予定のはずが、あいにくの雨とそれにともなうアクシデントで、急遽ナンジャタウンへ。
下記にて柴犬さんがデートと言っておりましたのは、そのことです。確かに、強制的なハニカミ(もどき)プランの遂行もあり、非常に楽しかったです(強制的カップルの姿が)。

アトラクションはほぼ全滅でした。
お化け屋敷(能面蟹の)に入ったんですが、あそこ、入室前と入室後に脈拍の検査をするんですね。
どんだけビビってるのかがわかる、ってわけなんですけど。






続きを読む
posted by ヤミナベ at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

女教師

池袋のナンジャタウンに行きました。
アタシ、何気にここ好きなんですよ。以前もデートで来ましたからね。
昨日もデートっていえばデートだと思います。でーえーてーいー、デートです。

そんなデートスポットですから、いわゆる「バカップル」って奴らもいる訳です。
バカップルって現役で使って良い言葉なのかも迷いますが。
眼鏡をかけていただで「あの冬ソナ」呼ばわりされてました。
メガネかけてるだけなのに。それもどうかと思います。まあ、呼んだけど。

最近、バカップル種族を良く見ます。人目をはばからずベタベタする奴らも勿論、盛りおって!とあまり良い気はしませんが、なんつーか、もっと酷い奴らいるじゃないですか。二人で公共の場を乗っ取るかの様な傍若無人ぶりな人たちが。最近見たのは、満員で補助席も使用してる様なリムジンバスでリクライニングをめいいっぱい倒して寛いでる奴らとか、遊覧船の客室でソファーを占領して耳かきしてる奴らとかね。座れずに船室外で凍えてる人もいたのに。

腹も立つけどさ、こういう場合って、男の方が馬鹿なのか、女の方が馬鹿なのか、
ふとね、考えちゃったんだよね。
続きを読む
posted by ヤミナベ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 柴犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

遺伝子

前の猫屋の記事「あなたのそばの変な人」のコメント欄に書いた、
唯一知ってるイタリア語のフレーズを習得したきっかけを書こうかと思います。

そのきっかけを作ったのは私の兄です。
ある日テレビを見ていた兄が「これ面白いから見てみろよ」と言って勧められたのが、NHKのイタリア語講座でした。日本におけるイタリア人の代表ジローラモと、モデル出身のヤスエだかカナエだかで進める番組です。

それを勧められるがまま見ていたのですが、何が面白いって、ヤスエ(だかカナエ)のハイテンションなボケっぷりと、それに押されまくり当惑しているジローラモ。そしてついでにイタリア語も覚えられるという、何とも画期的な番組だったのです。ジローラモはテンションは維持しつつも顔がどんどん引きつります。

まあそんな番組を兄と見ながら笑っていたんですが、この人はどうやってこんなマイナー番組を発見し、かつ何というマイナーな楽しみ方をしてるのか、心の底から阿呆だと思いました。兄を含め、うちの家族を見ていると時々、DNAの中にアホを司る遺伝子があるんじゃないかと思います。早く遺伝子研究が進み、うちの家族を遺伝子治療で不治の病から救って欲しい。

そしてそのまたある日、兄がテレビの前でしょんぼりしていました。どうしたのかと聞くと
「アシスタントがヤスエちゃん(だかカナエちゃん)じゃ無くなったんだ・・・」
テレビには、素直なアシスタントを相手に、のびのびと授業をするジローラモが映っていました。
posted by ヤミナベ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 柴犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

ふうっと

image/ymnb-2005-01-13T22:27:36-1.jpg

一つ、ウン十万のぬいぐるみです。
「ウン十万」って書き方が何かオジさん臭いです。

職場の先輩に「何々さんは英語ペラペラなんですよね?」というと
「私なんて薄っペラだよ」と言われたとき、
ああ、自分も聞いた人にこんな甘酸っぱい思いをさせるような言葉を、
自然と話す様になるんだろうかと、ふうっと、遠く、思ったものです。

近所の美容室で「世界選手権出場者のいる店」という謳い文句を掲げてる店があるけど、
ホントに腕がある美容師は、殺到するお客をさばくのに精一杯で、
世界選手権に出る暇は無いはずだと思うんだけどね。どうなんだろう。
posted by ヤミナベ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 柴犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

あなたのそばの変な人

習い事。私は勉学の足しになるような習い事は一つもしてきておりませんで、エレクトーンとピアノとバレェという、一見華やかなお嬢様風のコースをさらりとこなしておりました。

エレクトーンは高校3年生まで続けてたんですが、やめる直前に前任の教師と交代でやってきた新しい先生が、ものすごく私の心を逆なでするキャラクターでして、それでもうやる気を失ってやめたんです。私の情熱は関わる人間とともに去りぬ、です。まあ、そんなことくらいでやめられるのだから、もともとたいした情熱なんてなかったんですけどね。

何が気に障ったかといいますと、高校三年生相手のしゃべり方がですね、「はい、はい、よぉーくできましたぁ〜。ぱちぱちぱち!おじょぉーずぅー。練習たぁーくさんしてくれたんでちゅねー」って。お前は何か?あたしが水色のスモッグ着た幼稚園児にでも見えるのか?と。

挙句の果てには練習ノートなるものを作りまして、「じゃあ、今日はとーっても上手に出来たからリンゴさんのシールをペッタンしておくね」ときたもんだ。

続きを読む
posted by ヤミナベ at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

青天井

三つ子の魂100までと言うけど、幼い頃にやった習い事って何気に身に付いてたりします。
私は小学3年ぐらいまで、そろばんとお習字をいたしました。
地味です。寺子屋みたいなセレクトですね。

さて今年で三十路を迎えるけど、未だにお習い事をしようと企ててます。
英会話です。仕事でそこまで必須じゃないけど、あったらいいなぐらいの状況に追い込まれての決断です。

友人に貰った無料体験チケットを使い、レベルチェックテストや体験クラスを受けた後、入会するかどうか判断させて貰う事にしたんですよ。前調べちゃんとしてます。ちゃっかりしてますよ。

テストやクラスでの外国人講師の評価を日本人スタッフに説明受けてたんですけど、開口一番、
「柴犬さん、外国人スタッフ褒めてましたよ。とても良いコメント貰ってます」て。
いや、緊張してましたから。ボロボロでしたよ。
「英語の知識をいっぱいお持ちだって。学生時代、英語得意だったんじゃないですか?」
嫌いじゃなかったけど、そこまで出来た訳じゃないですね。
「柴犬さんは緊張されてる状況でも過去形とかスラッと使えてますし、これ凄いですよ」
あ、そんなもんなんですか。
「スタッフが柴犬さんは喋るコツを覚えたらあとは早いって言ってましたよー」
えー、そうかなあー。
「そうですよ!授業でナチュラルな表現とレスポンスを早くすれば、ネイティブなみになるのは簡単ですよ!」
マジで?
「本当ですよ!今ならキャンペーン中ですし入会金も無料ですよ!」
マジで?!
「はい!そして3万円分旅行券!!」
ウソ?!!
「さらに!10回分授業無料券もつけちゃう!」
おお!!!
「しかも!しかも!おまけに、キャラクターぬいぐるみもプレゼント!!」
おおお!マジで!!
「はい!!ではこちらにサインを!!」
ああ?!、え、あ、はいっ!!!



そういう経緯でですね、入会することにしました。
そしてまたひとつ、長期ローンが増えました。
posted by ヤミナベ at 09:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 柴犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

願いましては

年明け二日目、柴犬さんが出てくる夢を見ました。
柴犬さんと会ったことないどころか、顔も見たことないのに。
あけましておめでとうございます。 中本です。
とりあえず柴犬(変態)姐さんは置いといて。

昔使ってた部屋で探し物をしていたらそろばんが出てきました。
小学校のときにそろばん教室に通ってた頃に使っていたものです。
途中までは元々家にあった、珠があちこち欠けてるやつを使っていたのですが、3級か2級が受かった頃に、祖父母がお祝いにとピカピカの新しいのを買ってくれました。
俗に言う「ワンタッチ」のやつで、珠の色も自分で好きな物を選べ、右下には私の名前が彫ってあります。金色で。当時、確か4万円でした。珠を串で刺しただけみたいなこいつが、4万円。その頃へタイムスリップして、止めたいです。祖父母を。4万あったらPSX買えるじゃないか!って。
しかし当時の(汚れ無き)私は祖父母からのプレゼントを素直に喜び、これで4万だったらこの珠一個がいくらになるかしら…なんて計算もせず、熱心に(ときにはズル休みしながら)教室に通い、小学校を卒業する少し前に段位を取得することが出来ました。

私の(素直だった頃の)熱意が込められたそろばん。
私は、そろばんと一緒にかばんに入っていた1級の問題集を開きました。建設業事務の私でさえ滅多にお目にかかれないような桁が並んでいます。10億単位?
まあ、珠を弾き出せば昔の勘も戻るだろうという甘い考えでそろばんの上に手をかざしたのですが、一瞬、どこから弾いていけばいいのか悩む自分がいました。
弾き始めてみても、手つきは素人です。ド素人です。
問題集の横にはご丁寧に暗算の問題もついています。「休憩がてらにどう?」みたいな感じで。まあ、そんなわけないんですけど。
内容は、3桁×2桁の掛け算とかです。無理。

とりあえず、速さは無理だとしても、珠を滑らかに弾けるようなところまでリハビリしたいです。じゃないと4万円が惜しい気がしてならないので。(あくまでも金銭に絡んだやる気)
posted by ヤミナベ at 16:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 中本まりね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

変態行為

人に勧められたとたんに気分が萎えるのはですね、追いかけられると冷めるって事なんですよ。
言ってて自分でも分かりませんけど。
どもども、ぽっくんは歩く借入金です。へけけ。

読書と言えばですね、数子が今年は天王星人は本読めって言ってましたね。
私、天王星人なんですよ。しかし、大概、数子も飽きて来た。
あ、ちなみにトムさんは今年、宝くじ買うと当たる確率高いですから。
猫やんは大殺界抜けた。今年から春の時期だから色んな事に手を出して種を撒くと良いよ。
種って言っても子種じゃなからね。
ピョン太郎(注釈;猫屋の彼氏です)は春の時期最後の年だから、何かやりたい事があるなら、
7月頃までに中途半端でも形にすると良いよ。
あと星人分かるの誰かいたかなあ。まりねさんは正確な誕生日知らないけど、
地球外生命体であることは間違いない。お住まいは東京から何光年のとこでしたっけ?
太陽の光が届かず、すこぶる寒いらしい。

友人知人間であまりに細かすぎる占いに、結構気持ち悪がられてます。
「気持ち悪ーい」と言いながらも、大人しく聞いてますね、大概。
みんなね、キモイキモイ言いながら結構好きなんすよ。
お前ら口では嫌がるくせに、ホントは好きなんだろ?え?的な気持ちになりますね。
天王星人は変態ですから。誤解の無い様に言いますけど、
私が変態な訳じゃなくて、私は天王星人だから、ある意味仕方なく変態なんですよ。うん。
posted by ヤミナベ at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 柴犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の虫

年末年始にかけて、あまりに暇でやることがなかったので、久々に書物をグワーと読み漁ってました。ウチの家系は全員「本読み」で、父方の実家は壁に書棚が埋め込まれています。設計当時から「まず本棚」と、新居のデザインは本棚メインに為されたそうで、いやはや頭が下がります。

去年読んだ本を振り返ってみると、小説は普段と比べてかなり少なかった。ノンフィクション、実用書、コラム&エッセイ、そこらへんが非常に多くなりました。

特に今年衝撃だったのは、「名誉の殺人」という風習を描いた「生きながら火に焼かれて」。スアドという少女がたどった足跡が描かれているのですが、殺人を容認している場所、むしろたたえられる地域があるということになんともいえぬ気持ちになりました。頭ではそういった民族が存在しててもおかしくはないと思うのですが、やはり生き証人の言葉は実体験に基づいているので、頭を通り越して体と心の領域にまで、その体験が浸透してくるんですね。

無知であることは時に人間らしさを放棄することになる、と。
この本はそれを教えてくれましたね。続きを読む
posted by ヤミナベ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

日常生活の幕開け

あけましておめでとうございます。

実家に帰ってずっと寝てました。寝るしかない、というくらいの猛々しい寒さだったのでしょうがないと思います。

実家はイイ。
上げ膳据え膳で無責任にくつろげる。そんなわけで実家にいる間、娘が帰ってきた喜びでちょっと感覚の狂ってしまった母親が出す手料理を堪能することとなりました。
朝から焼肉丼とおしるこが出されましてね。死ぬかと思いましたわ。残さず食べてね、て食えるかい!

それが終わるとデザートです。おしるこがデザートのようなモンなんですけど、出てくるんです、デザート。アイスクリーム(5,6個)とか、チョコレート(5.6枚)とか。それが終わると果物が出てきます。

10時に朝食が始まったとして、テーブルの上を完食するのに2時間かかりました。気がつくと昼でした。しかし容赦なく昼飯がやってきます。それを3時間かけて食べ終わるとおやつの時間が。それを2時間かけて食べ終わると夕飯の時間が。

朝焼肉丼だったのに、夜も焼肉でした。
こんなに29歳の妙齢女に精力つけさせてどうするつもりなんでしょうか。

とりあえず、親戚一同揃った今年の宴のなかで、私は自分以外にやせている人間を見かけませんでした。頑張って出されたものを食べているときに、隣に座っていたいとこのお兄ちゃんに「おい、せっかくやせてるんだからやめとけ。もったいない。このメシ全部食おうと思ったらお前も太るぞ」と脅され、もう一方の隣の席に座る義兄からは「君は最後の希望の砦だ」と言われました。

とくに義兄は、いとこのお姉ちゃんと結婚するまで、身長175の体重49というガリガリ君だったのですが、今は見る影もなく、80キロ台へ。
親戚達が口をそろえて「一緒に暮らしている彼との結婚はまだか」
というのですが、この血筋と縁を持ったらこうなってしまうのか、と、ずらりと並ぶ巨漢たちを目前に、「結婚、なんて、しない、ヨ…」とカタコトで応えていました。

いつかあの巨漢(デブ)たちの中に、やせっぽっちの私の彼氏が並ぶのカナ…(変わり果てた姿で)。


そんな切ない気持ちで正月が終わりました。
posted by ヤミナベ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。