2005年02月06日

覚え書き

喧嘩をした事がない子のパンチが容赦無い様に、
柴犬の下ネタも、ちょっとエグみがある気がするのは本人だけなのか。

最近、また本を良く読む。寒いから、外出ないから。
依存症の本を読んだ。何かさ、依存症って個人の問題みたいなとこあるけど、社会的背景とか、その人との家族との関わりって大きく影響してるもんだと改めて。

私も割と依存気質高いですから、気をつけたいとこなんですけど。
依存症の人っていうのは、自分を正当化するのが上手かったり、自分の居心地の良い空間(人間関係を含めて)を作り出す能力に長けていたり、自分を支えてくれたりする人間を嗅ぎ分るのが早かったりするらしい。

何かさ依存症の人に対して「助けてあげたい」って感情を持ったら、それは依存気質の術にはまってしまってるて事らしい。逆に、そんな人に必要とされなければ生きて行けない人もいて、そのウダウダの関係を共依存と言ったりしたなと、昔勉強した事を思い出したりして。

イーサン・ホークの「痛いほど君が好きなのに」て本も読んだ。
イーサンって何の映画に出てたとか、イマイチ思い出せなくて。「普通じゃない」に出てた人は誰だったのかとか、「トレインスポッティング」に出てたのは誰だったかなとか、全然思い出せなくて。ユサとは結婚したんだっけ?離婚したっけ?とかね。

こういうモヤモヤした事て、ネットで調べれば直ぐなんだけど、別にそんな急ぐ事でもないし、そういうことは無駄話の話題にとっておこうかと最近思う。こういうとこに無駄に書くネタとかにしたり。

この前、友達が無料券を持っており、有効期限の関係でこの寒空の下ディズニーシーに行って来た。そこで見たキューピーちゃんみたいなお揃いの髪型に、お揃いのジーンズ、色違いの茶色と白のダウンを着て手をつないでいる男二人を見ながら「白い方が絶対、ネコだ」と思った。

以上
posted by ヤミナベ at 09:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 柴犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユマだユマ。
そしてトレスポと普通じゃないはユアン・マクレガー。
イーサンはガタカとかいまを生きるとか、リアリティ・バイツに出てたよ。あと、ヒマラヤ杉に降る雪か。
ま、ぱっとしないよね。
嫌いじゃないけど。

依存ってのは生きるうえでは必要不可欠なものだから、必ずしも悪いものではないらしいよ。
共依存も然り。
これがなくなっちゃうと、はっきりいって社会の構造も破綻しちゃうしね。
病的か病的じゃないか、というのがポイントで、しかもその境界も非常に曖昧。

まあ、依存された人が、さらに依存してくる人の症状を悪いほうにひっぱってしまうということはよくあるみたいだけど、自立を意識しすぎてなんでもかんでもしょいこんで逆に周囲に迷惑かける人もいるしねー。

ネットで知り合った精神科医の人が言ってたけど、問題は考え方のズレで、状態や結果ではないと。
正しいものの考え方とか、偏見がその人の中にあって、それが周囲と合致しないことで社会生活が困難になってくる。それで苦悩して精神的に病んでくる人が多いのだと。
明らかな間違いをもっていたときに、それを正してあげることが必要とされるんだって。

つまり自分を生かすための合理的且つ正当な共依存というのも存在してて、負担しかない依存はどうかなって思うけど、うまいことその共依存が実現したのが恋愛とか家庭とか社会なんだと思うよ。











Posted by 猫屋 at 2005年02月07日 08:27
色々、難しいね。特に「マ」とか「サ」の区別とか。

これを読んでる人にはイマイチ信じて貰えないかもしれないけど、ここんとこ今までに無いぐらい精神的に安定してんだよね。今年に入ったぐらいから急に楽になってんだわ。言ったところで自己満足なんだけどさ(笑)

タバコも止めれてるし、ネットも以前ほどのめり込んで無いしね。依存からの脱皮。
それが今の小さい幸せなんだよねー(笑)
そのくせ、お小遣い帳を友達にチェックされ、駄目出しを受けたりしてるんだけどさ。
Posted by 柴犬 at 2005年02月07日 22:22
お小遣い帳か。
あたしやぴょんの金遣いのへたくそさは、ダメだしのチェック対象だと思うわ。
その友達、くれよ。
Posted by 猫屋 at 2005年02月08日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1843188

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。